ADSLスプリッタとは?

一般の電話回線で、音声信号を流しているのは0.3〜3.4KHzの帯域で、その上の周波数帯は使用されません。その周波数帯にデータ信号を流すことで、電話と平行して、高速にインターネット通信を行う方式がADSLです。この2種類の周波数を分断し、音声信号とデータ信号を分ける為の装置をADSLスプリッタといいます。

ADSLスプリッタは、電話線から電話機のための低周波信号=音声信号のみを取り出して電話機に送り、同時にDSL通信のための高周波信号=データ用信号のみを取り出してADSL電用モデムに送ります。それによって、電話による通話とインターネット通信とが干渉しあわずに、同時に活用できるのです。モデムの内部にスプリッタが内蔵され、モデムに直接電話を接続する方式のものもあります。

スプリッタを付けなくても、ADSLと電話回線は使用できるのですが、ノイズが発生し易くなります。ADSLはデジタルデータ用の周波数帯が、ラジオや、電子レンジや冷蔵庫などの家電のノイズの影響を受けやすく、それによって速度が低下する場合もあります。スプリッタには内部にノイズフィルタを内蔵しているものがあり、ノイズを除去することができます。落雷によるダメージを防止する機能がついたものもあります。

固定電話を持たないケースでは、インターネットのためだけにADSL回線のみをひくケースもありますが、この場合は音声信号が流れないので、スプリッタは不要です。